2010年07月31日

アイリス あらすじ 6話

韓国ドラマ「アイリス」の6話のあらすじです。

秋田で現地の警察に逮捕されたヒョンジュン(イ・ビョンホン)は、拷問のような尋問を受けるが、何ひとつ口を割らない。そんなヒョンジュンに内閣情報調査室の女性要員・佐藤エリカ(笛木優子)は、罪を見逃す代わりにある人物暗殺の提案をする。ヒョンジュンは、約束通り暗殺に成功しその場から姿を消すのであった。温泉街に逃れたヒョンジュンは、ある旅館の部屋に潜り込み、疲れたように目を閉じる…。

 日が経ち、韓国へ密航するため貨物船に乗り込んだ時、ヒョンジュンの携帯が鳴る。電話の向こうからゆき(美山加恋)の悲鳴が聞こえた瞬間、ビック(T.O.P)の冷たい声が聞こえてきた。
「例の物さえ渡せば、ゆきは助けてやる」と…。(公式サイト引用)


どんどん面白くなっていきますね。
まだまだ先は長いですけどね。
















posted by コアラ at 21:49| Comment(2) | アイリス あらすじ 6話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファミコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。